2010年05月19日

アメリカから中国製の老眼鏡

 アメリカから、薄汚れたゴツい封筒が届きました。
我が家にはあまり縁のないものなので不審に思ったのですが、間違えなく私宛なので開けてみると、老眼鏡が入っていました。

 あっ、そうそう思い出しました。最近めっきり紙面から顔を離さないとピントが合わなくなってきて、かといって遠く離すと、細かい文字が読めなくて、もう限界かな、っと虚しい抵抗はよして、十日くらい前にアマゾンで試しに安い老眼鏡を注文していたのでした。やれやれ。

 遅いなぁと思ってまっていたけど、アメリカからとは思いませんでしたよ。でも、メガネのツルの部分に「CHINA」って・・・アメリカ経由で中国製って、どうなのかなぁ〜w

送信者 ドロップ ボックス
送信者 ドロップ ボックス

タグ:日記 買い物
posted by すあま at 17:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑記
   
この記事へのコメント
うわさのメガネはこちらですか(ノ∀`)
至ってシンプルでスタンダードなメガネですから
中国製であろうとアメリカ経由であろうと
機能がしっかりしていれば、大正解かなあと。

で、どうでしょうか。
そこんとこ、どうなんでしょうか。

しわっちゃくれた封筒が
ふむのNZからの荷物とそこはかとなく趣が重なりますねw
Posted by ふむふむ at 2010年05月19日 21:41
はい、これが例のメガネです。

>中国製であろうとアメリカ経由であろうと
>機能がしっかりしていれば、大正解かなあと。

はい、我ながら大正解だったと。
そしてメガネ(あえて老眼鏡とは言わないw)とは、
こんなにも素晴らしいものだとは思ってもいませんでした。
霞んで目を細め、紙面を顔に近づけたり遠ざけたりしていたのが
まるで嘘のように、真冬の澄み切った星空のように
文字が、文章が、くっきりと浮き上がってくるように
これは魔法使いのアイテムなんじゃないかとさえ思いましたよ。

気分的には、春のクローバーが敷き詰められた丘の斜面を
目のくりっとしたビロードのような毛皮の小熊と
一日中、転がりっこしてたい気分です。(笑い
(一部、ノルウェイの森から引用)

>ふむのNZからの荷物とそこはかとなく趣が重なりますねw

心当たりが無ければ、不審物ですよねw
まさかこんなんで届くとは思いませんも日本的には。
まあ、うちに炭疽菌のテロを仕掛けるワケも無いんだけどさ。
ちょっと用心しちゃいますよね。
ふむふむさんの場合は、実際、穴なんて開けられちゃって
チェックされたみたいだし、
NZは入ってくる外来種などに厳しいと聞くけど
出す方にも厳しいのかもしれませんね。

あ、こんな言葉を思い出したよ
『入り鉄砲に出女』
なんだか懐かしいな、習ったの中学だったかな?
Posted by すあま@管理人 at 2010年05月20日 11:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150398388

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。