2007年11月17日

偽装の会社の商品だったみたい

あ、もう、1週間前になっちゃったけど

毎年恒例のリンゴを買いに矢板のリンゴ団地に行ったついでに、もう終わりの頃の紅葉を県民の森から八方ヶ原を通り塩原温泉に抜けるというドライブコースで帰ってきました。
その途中、「山の駅たかはら」というところに寄り、きのこ汁を飲み、お土産に笹串だんごとわらび餅みたいなものを買ったのだけど、
家に帰り、小腹が減ったので買ったそのお土産を食べようとしたとき、最近の消費期限の繰り延べや偽装表示の問題を思い出し、消費期限を確認したりしていたら、ドライブ先で買ったにもかかわらず販売元が近所の会社の商品と分かりガッカリ。
しかし、その発売元ってこの前、比内地鶏のタマゴを使用していないのに使用を謳って偽装が発覚した三宝製菓と同じ町内だったので、記載されている住所をグーグルマップで検索したら、その三宝製菓の工場を矢印が指してるよ!えっ?マジですか?w
製造者の記載が無いのでオカシイと思っていたんだよ、製造した会社名を出したくないってことなのか?そういうことなのか?
まあ、消費期限を延ばしたワケでなく、何十種類ものお土産品を造っているうちの比内地鶏関連商品に比内地鶏のタマゴの代わりに普通の地元のタマゴを使用してしまったということなので安全性的には安心だと思い(秋田からタマゴを仕入れるより地元産の方が新鮮だし)、あっという間に食べちゃいましたけどね。

それにしても
このところ、なにを信じていいやらわからなくなってきちゃったなぁ〜

問題の三宝製菓の場所


拡大地図を表示

販売元 三○物産の記載されていた住所


拡大地図を表示

ちょっとボケてるけど、笹串だんごの帯の画像

タグ:偽装 日記
posted by すあま at 14:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑記
   
この記事へのコメント
うわ〜 えげつない〜(@_@;)
会社名表示しないようにして販売するなんて!

しかし世の中、不二家とか雪印とか白い恋人とか赤福とか
これだけ大問題になって不買運動が起こり
会社の存続にかかわるってことがわかりきっているのに
どうして偽装したりするのかしらねぇ・・・

少しでも損失を減らそうとしてるんだろうけど
会社が潰れてしまったら元も子もないよ。
老舗までそんなことするんだもんねぇ・・・
Posted by ふむふむ。 at 2007年11月18日 17:23
ごめんなさい、ふむふむさんの嫌いきのこ汁を飲んでしまいました。w

もう老舗もブランドも信じられませんよね。
本当は信頼を積み重ねての老舗でありブランドであるはずなのに
老舗の看板にアグラをかき、
ブランドのイメージや名前ばかりが先行してしまっているのではないでしょうかね。

特に食べ物って真贋が分かり難いってことがあるから、
ついこんな事に走ってしまったりもするのかもしれないが、
それがバレてしまった時は、食べ物は自分に身近で直接関係のあるものだから
裏切られたときの憤りは大きいですよね。
Posted by すあま at 2007年11月18日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67094675

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。